小学生の時、大好きだったフリクション。
作り手の一人になり、
さらに愛着が増しました。

インキ調合職

刀根 充規

生産部・津工場・化学グループ

工業高校 機械科 卒業
2018年入社

Q:入社のきっかけは何ですか?
小学生時代、文房具が好きだったことです。当時フリクションが発売され、「どうして書いたものが消えるんだろう?」とその斬新さに驚きました。そして就職先を決める時、求人票の社名を見て、「フリクションの会社だ!」と気づき、せっかくなら好きな製品に関わりたいと入社を志望しました。
Q:入社してすぐはどんなことをしましたか?
新入社員研修を経て、まず最初に配属されたのは製造グループでした。そこで、製品がどのような手順で組み立てられているかを学び、生産計画を立てる業務に就きました。
Q:どんなことに苦労しましたか?
決められた出荷日と生産量から逆算して、材料はいつまでに仕入れたらいいのか、工程ごとの納期はどこに設定すればいいのか考えることがたくさんあったこと。責任ある仕事ということもあり、戸惑うことも多かったです。
Q:どんな風に乗り越えましたか?
先輩からたくさんアドバイスをいただきました。生産トラブルがあっても間に合うように、あらかじめスケジュールに少しゆとりを持たせるなど、だんだんと計画を立てるコツもわかってきました。
Q:現在はどんな仕事をしていますか?
今は部署が変わり、フリクションのインキを調合する業務を担当しています。
Q:具体的にはどんな業務がありますか?
タンクの中に材料を投入していくのですが、単純に混ぜるだけではなく、季節によって温度設定を変えるなどの微調整も行います。
Q:大変だと感じることはありますか?
材料の中には引火性の高い化学物質もあるため、取り扱いに細心の注意を払うことです。
Q:入社してよかったと感じることは?
さまざまな業務を経験させてもらったおかげで、いろんな角度から会社を知ることができ、とても勉強になっていることです。それに、小学生だった自分が夢中になっていた文房具が、たくさんの人の努力で作られていることがわかり、パイロット製品に対する愛着は入社後さらに増しました。

募集要項

現在募集中の職種はこちらからご確認いただけます。

詳しく見る